転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

プライベートブランド品かメーカー品か

ドケチ中毒に冒されている我が家は、プライベートブランド品の購入率が激高だ。

 

品質よりも価格の安さで品物を選ぶなら、何といってもPB品!

 

味は淡泊、デザインはシンプル、量も適度で言うことなしだ。

 

でも、ちょっと待って。そんなにPB品贔屓でほんとにいいの???

 

何十年、何百年の歴史が蓄積された大手メーカー品のブランド品がこの世から消えたら困るけど…

 

www.businessinsider.jp

 

ごくたまにだが、ハインツのケチャップを食べると「やはりうまい」と感じる。

ごくたまにだが、クラフトのチーズを食べると「やはりうまい」と感じる。

ごくたまにだが、丸美屋ののりたまを食べると「やはりうまい」と感じる。

 

昔から丁寧に作られてきたメーカー品はやはりどこか違う。

 

とはいうものの、日常的によく食べる、よく使う品物はやっぱりPB品をついつい買っちゃう。

安くて品質もよくて、言うことなしだから。

 

だけど、ほんとにそれでいいの???

 

www.nhk.or.jp

 

安くて品質のいいPB品を作る裏側には、メーカーさんの苦労もある。

 

と言うより以前に、割安感はなくても昔から丁寧に作られてきたメーカーのブランド品にも、それを生み出し作り続けるための苦労があるはず。

 

それがあるおかげで、消費者もいい品が簡単に手に入る。

 

ドケチ中毒の行き過ぎから、PB贔屓の行き過ぎに走るのもたまには控えよう。

 

たまにはほんとにおいしいものが食べたいし♪

これは贅沢じゃない。

 

お菓子とジュースの買い控えに走りがちの転妻カラスだけど、

たまに無性に飲みたくなるのがコカ・コーラ

 

夏場に1~2回は小のペットボトルを買う。(毎日飲みたいわけじゃないから。)

 

コカ・コーラだけはこだわりがある。あの味は特にPBに代わりが出来ない。

 

コカ・コーラにもこんなに奥深い歴史があった。

コカ・コーラ - Wikipedia

 

ブランドの歴史はおいしい歴史。

 

価格だけではなくて品質も大切にできる消費者でいたいと、たまには思う。