転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

ドケチの見た目問題

ドケチ中毒に冒されると、真っ先に削りたくなるのが見た目の経費。

洋服、コスメ、美容院代が犠牲になる。

そうして見た目が貧乏なおばさんになると、全体的に貧乏オーラが滲み出て、貧乏しか寄ってこないようになる。それは困る!!!

 

ってことで、譲れない経費を見た目にかけるのも大事だと思う今日この頃。

 

それで、こだわっているのが石けんとシャンプーだ。これだけは海外ブランドのオーガニック製品を使っている。お肌と髪を綺麗に保つことで、貧乏オーラの発散を食い止める作戦だ。

 

基礎化粧品もドラッグストアで品質重視の品を買う。

 

偏った経費を差し引いた僅かな残金でメイクアップ化粧品を買う。肌を損なわなければ100均製品でもOK。

リップ関係だけはやはりメーカー品の発色を選ぶ。これは国産品中心で。

 

のように、見た目関連の乏しい経費をコスメ重視でやりくりしている。

 

洋服は買い足さず、手持ちの範囲でできるだけお洒落な着こなしを工夫。ネットのお洒落情報チェックが欠かせない。

 

貧乏しか寄ってこなくて、気が付いたら中身まで貧乏な人になっている。それは困る!!!

 

…もうなっているのかもしれないけど。