転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

プチうつは掃除で治せる

掃除の楽しさを教えてくれたのは、前のパート先だった。飲食店関係だったので丁寧に仕込まれた。

掃除のやり方がわかり、実践できるようになったおかげで、すっかり掃除が好きになった。

それから、掃除をするたびに、持病のうつ症状も少し改善した。

 

以前の転妻カラスは掃除が嫌いだった。主婦だからやらなきゃならないって、嫌々こなしていた。だから当然、家もそんなに綺麗にならない。

 

頻繁に転居がある/いつ急に転居するかわからない社宅住み/引っ越しの荷物の片づけや断捨離だけで気持ちがいっぱいいっぱいで、掃除なんてただの付属品…

モチベーションもなかった。

 

それが変わった。今や掃除は趣味のひとつだ。

 

旦那の前の転勤で新しく勤めたパート先では、掃除が重要な任務のひとつだった。

過去に何千回と繰り返してきた掃除だが、前のパート先で掃除との「運命の出会い」を果たしたのだ。

 

掃除を始めるその前に、資材や売り物の整頓をする。散らばっていた物をあるべき場所に片付ける。

お客さんに近いところ(レジカウンターや商品陳列棚など)から、アルコール除菌スプレーをふきつけ、乾いたぞうきんで拭く。

次に、お客さんの視点の届きにくいないところを別の濡れたぞうきんで拭く。床や柱など。

目立つ黒ずみなどはマジックリンで拭く。

曇りはガラスクリーナーで拭いたあと、さらにもう一度、アルコールスプレーでも拭く。

トイレ掃除をする際は、便座の裏側にもトイレクリーナーを拭きかけ、トイレットぺーパーで拭き上げる。

トイレの床は専用のぞうきんで水拭きする。目立った汚れは床もトイレクリーナーで拭く。

 

掃除のプロではないのでこの程度だったが、短時間ですっかり綺麗になった。

手早く済ませる手順を、手と体が自然に覚えた。

 

それから、自宅の掃除も苦にならなくなった。

 

掃除なんて、子供の頃からやっている。できているつもりだった。でも、実はノウハウを知らないままでいた。

例えば、便座の裏側をトイレクリーナーで拭くってことを知らなかった。以前は便座専用クロスを使っていたから、そのクロスの収納場所を確保する必要が生まれ、その場所がまた埃を被り、掃除の手間が増えていた。

でも、トイレクリーナーでトイレ全部が掃除できるなら、クロスの置き場所は不要になる。小物棚を撤去すれば、その埃をとる必要もない。

 

アルコールスプレーが掃除に使えることも知らなかった。

以前はとにかく、掃除のための洗剤と用具をたくさん揃えていた。住宅用洗剤、マジックリン、ガラスクリーナー、トイレクリーナー、便座用クロス、埃取り用クロス…。それらをしまい、掃除のたびに探すのも面倒だった。

 

けれど、何のことはない、家中の掃除は、ぞうきんと、住宅用マジックリンと、除菌スプレーだけで足りるのだった。

 

職場では経費節約のため、いちいち専用の洗剤を何本も揃えていなかった。アルコールスプレーで掃除もできるとわかり、目からウロコだった。

試しに、一般の住宅用クリーナーでトイレを掃除したところ、綺麗になったので、もうトイレ専用クリーナーは買わないことにした。

 

家庭の経費節約になる上、洗剤の種類が少ないと、掃除もすんごい楽だ♪

あれも、これも、全部同じクリーナー、除菌スプレーで掃除できる。

 

さて、ここから本題。それから掃除好きになった転妻カラスは、以前より頻繁に掃除するようになった。

掃除すると、何だか気持ちも楽になる。

たかが掃除。たいしたことをしているわけじゃない。それなのに、小さな達成感。

見た目もスッキリ、旦那も喜ぶ。

 

うつ、掃除で検索したら、やっぱりあった。「うつ・掃除療法」

なるほど。効果的なんだな。

 

うつには軽い運動が最良だと言われている。

掃除こそ、まさに軽い運動の代名詞だ。いつの間にか油汚れがこびりついた台所の壁を磨く作業は、腕たて伏せにも似た運動量かも。

 

お寺の修行でも、柔道なんかのスポーツでも、掃除は基本とされている。道場を清めるのと、精神を清めるのは、同じなのかも。

 

うつ気味だとやる気が出なくて家が荒れる。物は散らかり、掃除どころじゃない。

無理な時はやめればいい。

そして、ある日、「さー、今日は少し元気だけど何しようかな」ってときは、

まず掃除から一日の活動を始める。

洗濯もいいけどね。

やる気がしなくても、とにかく掃除を始めれば、知らないうちに手が、体が動いている。いつしか無心に掃除を楽しんでいる。

 

それがわかったのは、仕事で強制的に掃除をさせられたからだった。

 

最初は嫌いだったのに。

嫌いなのにできるようになると、それは好きなことに変わった♪