転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

転妻が言われたくないセリフ2

その壱 あなたが選んだ道だから仕方ないよね。

その弐 食べさせてもらってるんだから仕方ないよね。

その参 転勤したら収入が増えるんでしょう。羨ましい。

その伍 仕方ないよね。

 

その壱に対する回答

妻が選んだのは旦那であって、旦那の転勤ではない!

転勤があるとわかっていたとしても、どの土地に移るのか、どんな頻度で移るのか、予告は一ヶ月前か三日前か、そんな細かい点まで深くリサーチの上、納得して結婚する妻がどこにいる。

転勤させる当の企業だってそこまでは把握していない。もちろん旦那自身もだ。

この世のすべて、何でもかんでも、本人が選べるわけではない。

私たちがこの世に生まれたことも、私たち自身が選んだのだという考え方が世の中にはある。

守護霊や天使に導かれて……。

というような、スピリチュアルな意味での発言でしょうか。

 

その弐に対する回答

確かに食べさせていただいております。誠に有難いです。以上終り。

 

その参に対する回答

収入が増える企業ばかりとは限りません。

 

その伍に対する回答。

その通りです。転勤が嫌なら、転勤のない企業に転職すればいいのです。手取り三百万以下で肉体労働主体のドライバーなら年齢を問わず働き口はあるでしょう。

 

私たち転妻が聞きたいセリフはただ一つ。

「転勤って大変そうだね」

このたったひと言が、なかなか聞けない世の中だったりする。

 

転妻って楽しいよ。

心の底からそう思って明るく輝いている転妻さんには、まったく無意味なセリフかもしれないし。

 

自分とは違う立場の人に言葉を発するのは、つくづく難しいものだ。