転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

転妻の苦労

転勤族と貧困

転勤族は高収入だという世間の誤解があるらしい。 もちろん、転勤があるだけの企業だから、さまざまな保障は充実していて、非正規社員よりは安定した生活ではある。 けれど、転勤族が年収500万~400万以下である場合は、貧困問題とも無縁ではいられない。 た…

転妻と空白期間

どの転妻さんにも共通していそうなことだけど、 転妻は何かを続けることが非常に難しい。 趣味も仕事も人間関係も、ある日突然、旦那の会社という神の鉄槌により、バチッと遮断される。 趣味も仕事も人間関係も、ある程度の期間続けると煮詰まるときが必ずあ…

転妻と仕事のキャリア

今は転妻不適合者と化している転妻も かつて、転妻を心から楽しんでいた時期があった。 リフォームし立ての賃貸に、二~三年ごとに住みかえ出来るなんて幸せ! 常に新しいご近所、新しいスーパー。すんごい楽しい。 と、素直に思っていた。 引越し前後の荷物…

転勤族一家の綱渡り

転勤にも、もちろんメリットはある。 パワハラ上司から逃れられた旦那の笑顔が輝く。 イジメに遭っていた子どもが転校先で笑うようになる。 同僚の陰口に耐えていたパートの妻が、「引っ越すんで仕事辞めますね~」と軽く言えちゃう。 これらのメリットは大…

転妻が言われたくないセリフ2

その壱 あなたが選んだ道だから仕方ないよね。 その弐 食べさせてもらってるんだから仕方ないよね。 その参 転勤したら収入が増えるんでしょう。羨ましい。 その伍 仕方ないよね。 その壱に対する回答 妻が選んだのは旦那であって、旦那の転勤ではない! 転…

転妻が言われたくないセリフ1

転妻同士は決して口にはしないが、転勤や転校を一度もしたことがない地元人間が何げなく口にしがちな以下のセリフは、転妻の傷口に塩を塗る効果がたっぷり。 相手が鬱気味の場合は自殺に追いやりかねない危険なワードかもしれない。 1 いろんなところに住め…

転妻は分かり合えない

ひと言で転妻と言っても、内容はさまざま。 年収1000万の旦那様を支える奥様と、年収300万の旦那様を支える奥様は、互いに分かり合えない。 赴任先が都会かどうかで壁が生じ、海外ならアメリカなのかアフガニスタンなのかでまた壁が生じる。 子供がいるかど…