転妻カラス

低収入転妻の苦労、倹約、労使・貧困問題についてぼやくブログ

超短編ノベル・転妻の悲哀

超短編ノベル・転妻とダンボール

結婚してから六回目の引越しをしている転妻カラスが、夜の十時半に、たった独りで荷ほどきをしていた。 朝八時に引っ越し屋さんが来てから、十二時間以上働きづめなので、手足と腰が痛いのはもちろん、ランナーズハイのような妙な高揚感にも襲われている。 …